クエストカップ2021 全国大会

全国201校約3万4千人の中高生が取り組む
クエストエデュケーション。

2021年2月20日(土)~28日(日)、クエストカップでは生徒たちが、
仲間と共に話し合い、考え抜き、自ら生み出した探究の成果を社会に向けて発信します。

今年度より、新型コロナウイルス感染症の流行を
はじめとする社会情勢の変化や、
「クエストエデュケーション」導入地域の拡大、
学校現場でのICT環境の整備が進んでいることを鑑み、

様々な環境に左右されることなく多くの生徒たちが参加できる大会への進化を目指し、
本大会のオンライン化をいたします。






開催部門

企業探究部門
「コーポレートアクセス」

企業探究部門
「コーポレートアクセス」

実在する企業のミッションに取り組み、自分たちならではの視点から探求した答えをプレゼンテーションします。

進路探究部門
「ロールモデル」

進路探究部門
「ロールモデル」

日本経済新聞『私の履歴書』を執筆した先人の人生を探求し、様々な価値観に向き合いながら、自分たちで制作したドキュメンタリー作品を発表します。

進路探究部門
「マイストーリー」

進路探究部門
「マイストーリー」

自分の人生を「物語(マイストーリー)」として執筆し、新たな視点で過去をとらえ、探求した自分史を発表します。

進路探究部門

進路探究部門
「ザ・ビジョン」

社会で活躍する大人たちのビジョンから自分らしい人生を探求し、自分の中から見えてきたビジョンを発表します。



起業家部門

起業家部門
「スモールスタート」

日常生活からビジネスの種を発見し、ゼロから新商品の開発に挑んだ結果を、ピッチ(短いプレゼンテーション)で発表します。



社会課題探究部門

社会課題探究部門
「ソーシャルチェンジ」

生徒自身が社会課題を見つけ、その課題を解決するために考え抜いた企画を発表します。



ポスターセッション

ポスターセッション
「Meet at Kyoto / Meet at Yokohama」

探究学習に取り組んだ生徒が、他校の生徒や先生、一般市民の方々にむけて発表し、発表を通して他校の生徒や一般市民と交流します。



 
2020年度「コーポレートアクセス」協賛企業
 
 
 

出場される学校の方へ

各部門の実施概要、エントリーから本番までのスケジュール、賞の構成、審査ポリシー、エントリー方法についてはこちらをご覧ください。

             
   

日程・スケジュール

【2021年2月20日(土)】

開催部門: 「開会式」
      「企業探究」部門 コーポレートアクセス(ファーストステージ)
実施形式: オンライン

【2021年2月21日(日)】

開催部門: 「進路探究」部門 ロールモデル
実施形式: オンライン

開催部門: 「起業家」部門 スモールスタート(ファーストステージ・セカンドステージ)
実施形式: オンライン

【2021年2月23日(火・祝)】

開催部門: 「進路探究」部門 マイストーリー、ザ・ビジョン
実施形式: オンライン

開催部門: 「社会課題探究」部門 ソーシャルチェンジ、ソーシャルチェンジ・イングリッシュ
実施形式: オンライン

【2021年2月27日(土)】

開催部門: 「ポスターセッション」Meet at Kyoto
      「ポスターセッション」Meet at Yokohama
実施形式: 各会場(※)
      関東会場:(横浜市周辺にて調整中)
      関西会場:「京都市勧業館みやこめっせ」

【2021年2月28日(日)】

開催部門: 「企業探究」部門(セカンドステージ)
      「閉会式」
実施形式: オンライン

主催  
クエストカップ実行委員会 / 教育と探求社
協賛  
朝日新聞/アデコグループ/カルビー
大正製薬/大和ハウス工業/テレビ東京
博報堂/パナソニック/富士通
三菱地所/メニコン/吉野家ホールディングス
後援  
経済産業省(申請予定) / 文部科学省(申請予定)
京都府教育委員会(申請予定)/ 埼玉県教育委員会(申請予定)
東京都教育委員会(申請予定) / 宮城県教育委員会(申請予定)
尼崎市教育委員会(申請予定)/ さいたま市教育委員会(申請予定)
福山市教育委員会(申請予定)
法政大学キャリアデザイン学部(申請予定) / 立教大学経営学部(申請予定)
横浜市教育委員会(Meet at Kyoto / Meet at Yokohama)
協力  
一橋大学イノベーション研究センター(申請予定)