株式会社テレビ東京からのメッセージ

コーポレートアクセスでは、企業からのミッションに取り組みます。
これまで共に歩んできた企業のみなさまより、ミッションに取り組む生徒の皆様に向けて、全国大会に向けての応援メッセージをいただきました。

株式会社テレビ東京 代表取締役社長 小孫 茂

小孫 茂

代表取締役社長


テレビ東京は開局 55周年を超え、新たなステージに入りました。 放送業界に吹き荒れる広告収入の減少という逆風をむしろチャンスと受け止め、次々と改革を進めています。

ネット世界の頭脳が参加するドラマや、赤ちゃんに見てもらおう番組など「新種」の誕生もその一環です。もちろんアニメやネット配信、イベントといった放送外の事業は着実に成長しており、放送をガッチリ支えるための収益構造の転換が進行中です。

「テレビはきっと役に立つ」という信念があればこの挑戦は成功します。皆さんの楽しく豊かで、できれば笑えるご提案をお待ちしています。

水原 恵理

編成局 アナウンス部


みんなが目をキラキラ輝かせながら、お互いの意見を尊重し、アイディアを積み重ねていく姿。何もないところから何かを生み出す瞬間に沢山立ち合うことができて、伴走する私は感動しっぱなしでした。

テレビ東京からのミッション、豊かな社会につながる「文化の創造」。この難題に、どんな答えを出したのだろう。ぶっとんだ答え、期待しています。

さぁ!ラストスパート!最後まで全力で駆け抜けましょう!

株式会社テレビ東京株式会社テレビ東京村上

村上 徹夫

制作局CP制作チーム 部長


みなさん、ゴールまでもう少し。ラストスパート頑張ってください。

今社会大きく変化しており、テレビにも新たな発想が求められています。若い皆さんの大胆で瑞々しい発想、期待しています。

プロジェクトのスタートからこれまで、長い時間をかけて頭を悩ませ、協力し合ってやってこられたと思います。そして最後に一番大切なのは強い思いと度胸です。

当たって砕けろの気持ちで走り抜けてください。

株式会社テレビ東京

久保田 敦

報道局クロスメディア部


何もないところからアイディアを出し合い、仲間と議論を深める。資料を集め、調査に出かけ、徹底的に分析して形にしていく。

正解のない答えを導くプロセスは大変な作業だったと思いますが、中高生のうちにこのような経験をした君たちは、ものの見方や考え方など、かけがえのないものを手に入れてきました。

さあ、最後のステップです。これまでの成果を十分に、悔いのないようにプレゼンしてください。

「熱い思い」を伝えることが人の心を動かします。

株式会社テレビ東京茅原

茅原 ますみ

総務人事局総務部 副部長
CSR推進委員会事務局長


一生懸命考えること
相手の意見を聞くこと
自分の力(才能、センス)を自分が信じること

―――この3つがあれば、あなたの気持ちは他の誰かに通じます。 その力は将来社会に羽ばたいたとき、必ず大きな力を発揮します。

1年間頑張ったみなさんには、きっとその力が身についていますから、あとは丁寧に!気持ちの良い時間を堪能してください!

みんなの一生懸命を応援しています☆

株式会社テレビ東京

齊藤 紀子

総務人事局総務部
CSR委員会事務局
企画担当プロデューサー


「苦しい・・・」「面倒!」「止めたいっ」

今、皆さんの心に浮かぶ言葉はどれでしょう?

でも考えてみて下さい。最後の日まであと何日でしょうか?そして、皆さんがクエストを始めてからどれくらい経ったでしょう?

答えは「この先の方が短い!」=苦しみは短い!

2/23(日)会場でお逢いしましょう!

©  QUEST CUP 2020 / 教育と探求社 All Rights Reserved.
PAGE TOP