CountDown
全国大会まで残り
 日
  • facebook
  • twitter
  • youtube
title
title

「クエストエデュケーション」は、現実社会と連動しながら「生きる力」を育む学習プログラムです。
実在の企業や先人を題材に、リアルな学習テーマについて学校の授業の中で取り組みます。
正解のない問いにチームで挑み、自ら感じ、考え、表現していく中で、『探求』という学び方を実践します。

アクティブ・ラーニング、PBLなど
探求型の学びを全国150校に提供

  • お問い合わせはこちら
  • メール:
  • 電話:
  • 今なら、クエスト導入校「先生インタビュー集」をプレゼント!

クエストエデュケーション3つの特徴

 

10年続くアクティブ・ラーニングの実践

次期学習指導要領改訂の目玉とされる「アクティブ・ラーニング」。学校現場でも様々な取り組みやトライアルがはじまっています。
2005年にスタートした「クエストエデュケーション」は、生徒が正解のない課題に探求的に取り組み、主体的、体験的に学ぶアクティブ・ラーニングの先駆けです。全国の中学・高校で導入され、総合学習、情報科、社会科、課題研究などの授業の中で、10年間にわたって活用されてきました。知識を教えるだけではなく、生徒の“学ぶ力”を引き出す授業手法は、多くの先生方から支持を得て、他の教科の授業スタイルにも影響を与えながら、活力ある学校文化の醸成に貢献しています。

title
title

ICTを活用した授業づくり

ICTは学習活動において今や欠かすことのできないツールのひとつです。
クエストの学びをサポートするインターネット教材「エデュカネット」が、生徒たちの探求を教室の外にも広げます。インターン先の企業人が動画を通じて課題を出したり、掲示板で質問を受けてくれたり、様々な資料や教材のダウンロードをすることも可能です。生徒が自らの学びの足跡をアーカイブする機能もあり、先生はこれをポートフォリオ評価の対象として活用することもできます。他校の生徒とも緩やかにつながる「エデュカネット」は、ダイナミックな学び合いの場であると同時に、パブリックな場としてのネット空間での発言の仕方や振る舞い方について学ぶ機会を与えてくれます。

 
 

生きた題材で学ぶキャリア教育

「正解のない学び」が今日求められているのは、世の中にひとつの正解と呼べるものが少なくなったからだと言えるでしょう。多くの企業やそこで働く大人たちは多様な価値観や考え方を持って、現実社会に存在しています。これからの時代を生きる中学生・高校生は、それらに触れながら、自らの可能性を探求していくことが求められています。「生きる力」は「生きた題材」を通じてこそ学ぶことが可能です。
「クエストエデュケーション」では、実在する人物、実在する企業が題材として提供されています。そして、この場に関わるすべての大人たちが“生徒の学びに真摯に向き合う”ための入念な準備をしています。そんな大人たちと交流することで生徒たちは様々な気づきを得て、自らの働き方や生き方について本気で考えるようになっていきます。

title

探求のための3つのコース

企業探究コース 「コーポレートアクセス」部門

  • ca
  • 実在の企業からの「ミッション」が教材です。企業でのインターンシップを教室で体験するコースです。調査や企画、プレゼンテーションなどの企業活動の実務に取り組みながら働くことの意義や経済活動について学びます。

コースの概要

secttion01

活動の準備をする

コースの目的と内容について説明を受け、
希望の企業を選択しチームをつくります。

secttion02

会社の仕事をする

アンケート調査や報告書の作成など、
チームで実際の企業活動に取り組みます。

secttion03

ミッションに取り組む

企業から出されるリアルな課題
「ミッション」にチームで取り組みます。

secttion04

プレゼンテーションをする

自分たちが考えたオリジナルの企画を
プレゼンテーションし、相互に審査します。

2017年度 インターンシップ受け入れ企業

社会課題探究コース 「ソーシャルチェンジ」部門

  • sc
  • 生徒が自ら身近な社会課題を見つけ、解決策をチームで考え、プレゼンテーションします。

プログラムの特徴

01

考えるだけでは終わらない「探求プログラム」

考えるだけでなく、いかに周囲を巻き込み、実現できるかまでを探求するプログラム構成で、生徒のリーダーシップを育みます。テーマ設定を自分ごと化しやすい「身近な課題」としているため、生徒たちが早くから地域課題などと真摯に向き合うことにもつながり、地域活性に寄与することができます。

02

創造性が豊かでおしゃれな教材

授業で使用するワークブックや教材動画、副教材は、持っていて思わず楽しくなるような「創造性」を重視しています。日本を代表するトップクリエイターが監修・制作しました。

03

学校現場によって柔軟にカスタマイズできる構成

プログラムは、導入しやすい計12ステップ。さらに、最初の3ステップは「ソーシャルチェンジ ファースト!」として、無料で試験導入することが可能です。プログラムの教育効果は担保しつつ、学校現場に合わせて、ステップ数の調整をすることもできます。

ソーシャルチェンジファースト!についてもっと詳しく

進路探究コース 「人物ドキュメンタリー」・「自分史」部門

  • rm
  • 先人たちの「生きた軌跡」が教材です。日本経済新聞のコラム『私の履歴書』を題材に、自らの生き方、働き方を考えるコースです。ドキュメンタリー作品作り、 自分史の執筆を通して、進路探究の意思や視点を育みます。

コースの概要

secttion01

「人物ドキュメンタリー作品」をつくる

「私の履歴書」の執筆者から1人を選択し、
チームでドキュメンタリー作品を制作します。

secttion02

作品を発表する

制作したドキュメンタリー作品をチーム毎に発表し、
相互に評価します。

secttion03

自分の履歴書を書く「過去編」

過去から今までの自分自身の人生を振り返り、
「私の履歴書・過去編」を執筆します。

secttion04

自分の履歴書を書く「未来編」

未来についてのイメージをコラージュで表現し、
「私の履歴書・未来編」を執筆します。

「私の履歴書」 人物一覧

  • 安藤 百福
  • 日清食品創業者
  • 日野原 重明
  • 聖路加国際病院名誉院長
  • 小倉 昌男
  • ヤマト運輸元社長
  • 本田 宗一郎
  • 本田技研工業創業者
  • 長嶋 茂雄
  • 読売巨人軍終身名誉監督
  • 水木 しげる
  • 漫画家
  • 仲代 達矢
  • 俳優
  • 森 英恵
  • ファッションデザイナー

80種類の表紙

80人のクリエイターがアート作品を表紙として提供

最初の授業で配られるワークブックは
一人ひとりの個性的な学びを応援するため、
表紙はすべて異なっています。

top
© Educa & Quest. All rights reserved.